QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIN-仁-終わりました、続編ナシ!・・でも見たい!

仁は傷が悪化した咲を救おうとタイムスリップした時に
ポケットに入れたはずの薬ビンをおもいだして探します
恭太郎と夜中に山野を探していると薩摩兵に怪しまれて
額を斬られてしまい恭太郎は斬りあいをして守ります


活躍シーンの無かった恭太郎が最後の最後に奮闘して
薩摩兵を退けて仁のところへ急ぐと仁の姿は無く
そこにはガラスの薬ビンが落ちていました・・


仁は頭の中で呼ぶ龍馬の声のままに現代へ戻り都内の
公園で倒れているところを救急車で運ばれて手術に。
執刀は南方仁!事態はますます複雑になります


脳腫瘍の手術も成功するのですが、思えば幕末で
タイムスリップする前に薩摩兵から額を斬られて
そのおかげで脳腫瘍もCTで発見されてのでは?


私の経験では病院では外傷がある部分はレントゲンや
CTスキャンなどで検査しますがそれ以外は手をつけません
この時、現代に戻った仁に傷が無ければ脳腫瘍について
検査する事は無く、きっと発見されなかったはず


つまり、作者はそこまで綿密に考えているということ
これって医療系のドラマでもあまりない感覚だと思う


歩けるようになった仁はどうしても幕末の人々について
確認したくて図書館で調べると、仁友堂はペニシリンを
日本に広めた革新的な医療組織となっていたのです


しかし、南方仁と橘咲の名前はどこにものっておらず
途方に暮れる仁は偶然、橘家のあった景色と同じ
通りに出て、橘医院なる場所を発見するのです


その橘医院の者だという女性が野風と同じ顔!?
話しを聞かせて欲しいというと快くいろいろと
橘家の写真などもみせてくれるのでした


わかったのは、橘咲は長生きして後年まで医療所を
開いていたのですが、女医としてよりも小児科、
産科として活躍して産婆さんと見られていたのです


橘咲からその野風に似た女性が預かっていたという
手紙を仁に託して謎は急速に解けていきます
仁が現代に戻った時から幕末のその世界には
南方仁という認識は消えていったのです


龍馬と移った写真にも仁の姿は無く。
咲さえも○○先生と呼ばれた人がいたはずと
おぼろげにあるだけで顔すら思い出せません


仁友堂の医師たちは完全に忘れてしまい
ペニシリンや手術の仕方などは自分たちが
苦労して確立したものだと思い込んでます


ようやく歴史の修正力を理解した仁でしたが
野風ににた女性に名前を尋ねると美来(ミキ)
と答えたので、びっくりしてしまいます


野風と夫は早死にして長女の安寿は咲が幼女に
ひきとったのでした。その安寿の子孫が野風に
そっくりな美来というわけです


最後は未来が病院に運び込まれて重症で
脳の手術を必要とする事になります
患者が未来だと分かると仁は自ら志願して
彼女の執刀をはじめるのでした・・・・


これにて一巻の終わり



テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : JIN-仁-AKB48

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。