FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

薬師丸ひろ子で角川映画を撮りたかった。「今度は愛妻家」の行定勲監督の思い。

今度は愛妻家の主演は薬師丸ひろ子ですが
行定勲監督は彼女の大ファンだったのです。
それも「セーラー服と機関銃」に感動して・・






「セーラー服と機関銃」はもう30年ほど前の名作
当時人気映画を多数出した、角川映画です。

行定勲監督は今回の映画では
「薬師丸ひろ子で角川映画を表現したい」」
とFMラジオ「ディアフレンド」で話しました。


憧れの薬師丸ひろ子に会った監督は
「その声の魅力は全く変わっていない」といいます。
「角川映画になる」と感じたとのことです。


また、主演の豊川悦司についても
「彼はストイックな役所が多いからそう演じる」
「だらしない男を演じることもできる」
と今回は新たな魅力を引き出せたそうです。






「全体にコミカルでちょっと泣ける」
それが監督のめざす角川風映画とのこと。
それに、薬師丸ひろ子と豊川悦司は最適なんですね。

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

tag : 今度は愛妻家

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示