QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊、警察が命がけの放水。被爆対策も厳重で臨みましたが、一般の放射能予防の対策法って?

福島第1原発の使用済み燃料棒の発熱を
抑えるための水が高熱で蒸発してしまい
放射線も漏れた為に周辺住民は避難しています。


3月17日には自衛隊のヘリによる海水の
上空からの投下が行われました。
夜には警視庁と自衛隊による放水車での
放水作業が行われました。


放水車は施設との距離約50mの位置まで
近づいての作業だったと聞きます。
放射能は放射性物質、この場合は燃料棒に
近づくほど被爆する濃度は濃くなるのです。


ヘリコプターも床に放射線カットの為に
タングステンを敷き詰め、乗員は防護服と
ガスマスクに身を包んで臨みました。



放水車も自衛隊隊員約30人が防護服を着て
車内で作業をすすめました。自衛隊幹部は

「きちんと任務を終えて無事に戻ってきて本当に良かった」

と心の底から話していました。


東電職員も被爆する恐れがありながら
(どうしても被爆してしまうのですが)
復旧作業を日夜続けているのです。


そんな彼らの努力が功を奏して早く
原発の復旧が進みとにかく放射能漏れが
解決できることを願うばかり。


周辺住民は避難先でもマスクを着用するなど
してなんとか被爆を防ごうと努力しています。



そんな避難、屋内退避する者は自衛隊のように
防護服に実を包むというわけにも行きません。


では、震災後の被災地で放射線による被爆を
予防するのはどのような方法があるのでしょうか?


こちらのサイトに分かりやすく記されてます。
都内でも全く不安がないとは言えず。
放射能対策マスクなどに感心が向けられていて
すでに品薄状態のショップもあるようです。


⇒震災放射能の被爆に備えマスクが品切れ傾向に
http://88news.blog60.fc2.com/blog-entry-816.html


☆福島原発放射能漏れ対策。屋内退避と指示されたら・・・
>>>都内での放射能被爆の予防対策に準備するもの




テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

tag : 放射能被爆 予防対策 マスク

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。