QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクール!!感想「教師の不登校ってなんなんだ?」でますますシビアに・・

インターハイ出場経験もある体育会系で硬派な感じの
大橋先生(塚本高志)が子どもたちの嫌がらせ(イジメ)を受け
ついに耐え切れなくなり登校拒否に・・・


成瀬校長(江口洋介)は「教師が不登校ってどういうことだ?」と
彼のアパートに向かいますが、追い返されてしまいます。
仕方なくかの子先生(北乃きい)を副担任にして自ら授業を行い


最初は大人しくしていた子ども達でしたが校長が
「おまえらみたいに人を見て態度を変えるやつはクソだ」
「8ヶ月もお前達の相手ができた大橋先生を尊敬する
そして8ヶ月もくだらんことしてたお前らを軽蔑する」
と徹底的に本音をぶちまけていくうちに変化が起きます。


学級崩壊の首謀者の女子リーダーが『空気』とされる女子に
消しゴムをぶつけて先生に心無い質問をさせるのが見抜かれて
「誰から命令されていつからこんなことやってるんだ」と
問い詰めた頃からリーダー女子も本性を出してきます。


校長が黒板に向かう時にアルミの筆箱をわざと床に落として
妨害することにはじまり、やがて全員が騒ぎ出していき
校長はそれに負けじとメガホンで授業をする始末に・・


一方大橋先生は辞職願を校長に郵送してどこかへ旅立とうと
しますが、校長がそんな彼の生徒について書き続けていた
日記を読み上げて引きとめようと試みます。


でも逆に「やめろ!もう嫌なんだ!」と大橋先生は切れて
校長に突っかかってくるのでした。
そんな校長を影の実力者的な桐原先生(西島秀俊)が
「いいかげんにしろ!」と大橋先生から引き離し。


「そんな、単純な正義感が一番怖いんだ」
と校長のやっていることを間違いだと指摘。


西島先生が心から間違いだと叫んでいることが分かった
成瀬校長は唖然として、いったいなにが正しいのか分からない
という目をするのでした。


確かに、大橋先生の気持ちを思うとどういう対応が
正しいのかなんて簡単にはわからないのが現実なのかも。


それより、ショックなのは子ども達の授業妨害が
ドラマといえども凄まじすぎて、あんな状態でも
教師が叱ると『体罰だ』とか苦情を言われるというのならば
本当にどうしていいかわからなくなるでしょうね。


私の地域ではまだそこまで学級崩壊があったとは
耳にしませんが(なにせ田舎なものですから・・)
東京や大阪など都会の学校では授業妨害などの
実態が本当にあるのでしょうか?


このドラマほどでなくとも現実に子供が先生に対して
あのような意識を持っていることはおかしいです。
そんな子どもがやがて社会に出ると考えると
学級崩壊の問題が次は社会の秩序崩壊につながりそうで。


江口洋介のパワフルな演技と北乃きいの憎めない演技で
助けられているところがありますが・・・
スクール!!
ますますシビアな問題提起をしてきましたね。




テーマ : 2011年 テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : スクール!!感想

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。