QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FNS歌謡祭2010平家派とAKB48での観覧席のTOKIOのノリのギャップに笑った。

12月4日に開催されたFNS歌謡祭2010では
SMAPがTHIS IS LOVEをいきなり披露して
序盤から盛り上がりを見せました。


そして早くも前半でジャニーズのあの
幻のグループが出演したのです。
この歌謡祭、いったいどこまで行くのか?


その幻のジャニーズグループというのが
「平家派」というユニットなのです。
光GENJIののバックダンサーグループである
「スケートボーイズ」のメンバーで組まれました。


城島茂(TOKIO)山口達也(TOKIO)国分太一 (TOKIO)
坂本昌行(V6) 長野博(V6) 井ノ原快彦(V6)
の6人で組まれており、この日は国分がピアノを担当。


ほとんど、アカペラに近い歌声を堪能できて
ファンとしては嬉しかったに違いないのですが


観覧席のTOKIOの反応は冷たいものでした(笑)


ノリノリの曲でもなかったのですがそれでも
まったく微動だにせず、かといって聞き入る
という様子でもありません。


ところが次の郷ひろみとAKB48のコラボになると
態度はジャガーチェンジ(豹変)したのです!
特に長瀬智也と松岡昌宏は終始ノリノリでした


夜7時から11時過ぎまでという生放送でしたが
コラボ中心に組まれたことで新鮮に楽しめました。


特に加山雄三、TUBE、郷ひろみ、近藤真彦・・
そして石井竜也、玉置浩二、徳永英明、和田アキ子
など昭和のスターが盛り上げたのではないでしょうか。


しかし、個人的にはラストの全員集合で
少女時代の隣に並んだゆずの岩沢厚治が
彼女らとニッコリ微笑んで、会釈していたのが
最高に笑えました。


岩沢厚治、ギターと歌のキレだけでなく
女性相手にもキチンと反応して礼儀は
守る男なのでした。


さあ、次は24日のMステが楽しみ・・


テーマ : 最新音楽ニュース
ジャンル : 音楽

tag : FNS歌謡祭2010 平家派 AKB48 V6

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。