QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝最終回「龍の魂」の感想(書く気力もないけど龍馬の為に書くぜよ)

龍馬が暗殺される事は分かってるのに
ホントに始まりから切なく、そして
緊張していました・・・


展開としては岩崎弥太郎(香川照之)が
龍馬への嫉妬心から上京して決別を宣言。
しかし龍馬の純粋な日本を思う心に打たれ
呆然と近江屋を後にするのです。


期せずして龍馬の狙う見廻り組に遭遇します
「龍馬は嫌いだがあいつはなんも悪気はない」と
主張する弥太郎ですが佐々木只三郎(市川亀次郎)
からミゾオチを突かれて悶絶させられてしまいます。


今回龍馬伝の設定では中岡慎太郎(上川隆也)は
西郷や大久保利通が龍馬の真意を疑い新政府には
徳川慶喜を頭に立てるつもりかと疑心暗鬼に。


戦を避ける為にも「龍馬の真意を確認する」と
中岡は上京して、もし龍馬が徳川を押すならば
『斬る』覚悟で龍馬に会いに行きます。


龍馬の居所をつかみ、再会した中岡ですが、
緊張した面持ちで対すると龍馬はいきなり
新政府のメンバーを中岡に見せるのです。


そして、○○○と空白にしている日本の頭については
「みんなぜよ」とそこには民も含めて誰でも成れる
と中岡に噛んで含めるように力説しました。


弥太郎と同じく龍馬のピュアな考えを思い知らされて
中岡も共に新政府樹立への協力をしようと決意。
龍馬もそんな中岡に蝦夷地の開拓も船があるから
できるぜよと夢を膨らませます。


「でも龍馬、誰にも言えんけど俺は泳げんぜよ」

とまさかのカミングアウトする中岡
土佐っ子で泳げないのはさすがに他人には言えないぜよ・・・


そんなやりとりで盛り上がる2人でしたが
その時、階下でドタバタと音がします。
軍鶏鍋にしょうと軍鶏の買出しを頼んだ籐吉かと思い、
龍馬は「ほたえなっ!」(騒ぐな)と一喝


しかし、事態は急変、刺客がなだれ込んで来たのです。


「いかん!」

先に危険を察知した慎太郎は
龍馬に注意しますが時は遅く見廻り組が5人
飛び込むと間髪いれずに龍馬と慎太郎を
斬って、突いて、瀕死の重傷を負わせます。


なぜか、とどめは刺さずに去っていくのですが
これは、動機が恨みであり政治的な仕事ではない
ことの現れではないでしょうか。


これまでの様々なシーンでイイ意味で期待を裏切る
演出をしてきた龍馬伝ですが、暗殺シーンはかなり
現実的な描写だったと思います。


頭を斬られて瀕死の龍馬がやはり重傷の中岡と
「泳げなくても俺の舟は沈まんぜよ」
会話するシーンはホントにあったのでは?
と思われるような感動の演出でしたね。


ラストは桂浜で海を眺めるお龍に、龍馬の兄と姉
の乙女が声をかけるシーンでした。


実際には、お龍は龍馬の言いつけに従い土佐に身を寄せましたが
ほどなく、土佐を離れてやがて再婚します。


龍馬を愛するお龍らしく、龍馬ならばきっと
「おまんのやりたいようにするぜよ」と言うであろう、
その気持ちに従い生き抜いたのではないでしょうか。


お龍の生き様が毅然としていた証拠といえるのが
彼女の生涯は海援隊や土佐藩の雄志が支えたと事です。


そうそう、ホントのラストは舟の先端に立って
大海原を眺める龍馬の姿で終わりました。
根っからの海、船が好きだった龍馬を表現したのですね。


龍馬暗殺の真犯人についてはドラマの中で弥太郎が
「龍馬を恨むのは、新撰組か、幕府の者か、見回り組か
それともいろは丸で恨みのある紀州藩か?」
と並べましたが、そのように暗殺犯については
諸説あるのです。


龍馬暗殺犯についての説はこちらで書かれています
ホントはあんまり知らせたくないのですが・・・(笑)


坂本龍馬暗殺犯の黒幕を追う






テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 龍馬伝 最終回 感想

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。