QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝「大政奉還」では徳川慶喜(田中哲司)と後藤象二郎(青木祟高)が一番の見せ場作った!

文字色大政奉還の絵は歴史の教科書でも有名で
一度は目にして事があるのでは・・・
あのシーンではなく慶喜(田中哲司)が
京にいる各藩の重臣を招集して意見を聞く場面が
龍馬伝風に解釈されていましたね。


二条城で大政奉還について意見を聞かれた諸藩は
「一存でお答えできぬので藩に持ち帰り・・」
を連発して幕藩体制の弱体化を象徴するようでした


土佐の後藤象二郎(青木祟高)のみが慶喜に
「今こそ大政奉還のご英断を!」と命をかけて意見。


しかし後藤象二郎(青木祟高)回を重ねる毎に
気迫が増して主役の龍馬に迫る名演なのですが
今回はまたまた見せてくれましたね。


龍馬からの「大政奉還ならねば海援隊を上らせて
自分が慶喜公を斬る覚悟です」という手紙で
感極まった時の表情は誰も真似できないでしょうね。


久々登場の勝海舟(武田鉄矢)も時代の流れを
表現するのに巧くアクセントとなってました。
しかしこの「大政奉還」の回は龍馬伝として別の意味が。


そうです、龍馬暗殺に向けてくすぶっていた周辺の
者々たちの思いがいよいよ爆発する時が来たのです
それにいたる最後の出来事こそが「大政奉還」・・


戦で徳川幕府にとどめを刺そうと目論んでいたのが
薩摩や長州。幕府を終わりにされて恨んでいるのが
徳川家や新撰組など家臣たちというわけです・・・


ところで福山雅治のFMラジオSUZUKI TalkingF.M.を
今日、聞いてましたが新ベストアルバムの話題中心で
龍馬伝の話題をわざとに封印してましたね。


最後の最後に
「龍馬伝もいよいよクライマックス」
とだけ触れました。


最終回の重き時が近づいて
福山龍馬もこれまでのように龍馬伝を
おちゃらけで語れない状態だったみたいデス・・


さて次回「龍の魂」ではついに龍馬暗殺が・・
悲しいけれど坂本龍馬の話には欠かせない事件です
仕方ありません。


これまで、竜馬がゆくを元に書かれてきた従来の
話を斬新な角度で描いてきた龍馬伝ですが
最後はどう仕上げてくれるのか楽しみです。


龍馬暗殺犯には様々な説があります。
今回の中でも薩長や徳川、新撰組・・・
誰が犯人かをほのめかしていましたが
後藤象二郎と龍馬の団結を見ても土佐藩説はなさそう。


このサイトで詳しく説明されとるきに

龍馬暗殺・土佐藩後藤象二郎黒幕説
⇒http://ryoumaden.yoka-yoka.jp/e579632.html



tag : 龍馬伝 大政奉還

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。