QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝「船中八策」及川光博と後藤象二郎の火花が・・

10月24日放送の龍馬伝はタイトルの
船中八策がその主軸ではありましたが
薩土盟約の場面が緊張感ありもした。


三本木の料亭で行われたこの会合には
土佐の参政、後藤象二郎(青木崇高)
をはじめ寺村左膳、真辺栄三郎などが出席。


薩摩は歴史の大物が揃い威圧感たっぷり。
西郷隆盛とカミソリの頭、小松帯刀そして
大久保利通(及川光博)が初登場しました。


及川光博演じる大久保利通がかなり
冷徹で狡猾な雰囲気を醸し出しており
短期で熱い青木崇高の後藤象二郎と対照的でした。


そうそう、坂本龍馬と中岡慎太郎(上川隆也)
も同席していた事を忘れてはなりますまい。


なぜなら大久保が後で独り言で口にした
「めざわりなやつやっど」は龍馬に向けた言葉で、
当時龍馬を煙たがっていたのは幕府だけでなく
薩摩もそうだということを臭わせたものだからです。


京の都に上った龍馬が新撰組に見つかる場面
酢屋で藤吉(力士)に回りの世話をまかせ
二階で中岡慎太郎と船中八策を論じる場面・・・
どれも、最終結末へ向かう布石が打たれていきます。


ああ、龍馬伝もあと1ヶ月ほどで終わりか・・・
さびしくなりもす。
(って、わたし鹿児島出身じゃないですけどね)



テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 龍馬伝 及川光博 大久保利通

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。