QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ南極大陸 3話の感想。リキとクマ、犬達の力関係にケリが・・

南極大陸も3話目となりまたも拡大版!
これだけのロケを敢行したのですから
できるだけ届けたい気持ちも分かります


宗谷が南極に到着しならが氷に閉じこめられ
進路を変更してオンゴル島に接岸成功して
ようやく越冬の為の基地作りに入るのでした


しかし、完成間もなくというところで
氷が割れ出して、多くの物資が流されてしまい
『南極は生きている』と思い知らされます


犬ぞりもリーダー格のリキが大型犬のクマに
噛み付かれて負けてしまい自信を喪失・・
クマは他の犬にも噛み付いて負傷させます


そんな矢先にブリザードが夜間襲ってきて
完成近い基地を心配した乗組員数名が勝手に
雪上車で向かいますが燃料切れで立ち往生!


倉持(木村拓哉)が犬ぞりを走らせようと
試みますが、リキは気力が戻っていません
どころか、クマがまた犬たちに噛み付きます


耐えかねた倉持が木の棒を持ってクマを止めようと
氷の上を駆け出すと、それよりも速くリキが飛び出し
クマと一騎打ちを挑み、激闘の末クマを負かします


リーダーとしての意地を見せて自信も回復したリキは
犬たちを統率して犬ぞりを見事に走らせる事が出来
雪に閉じこめられた雪上車に燃料を運べたのです


基地も完成して『昭和基地』となづけられます
宗谷はこれで帰国して越冬隊だけが残る事に・・
お別れを済ませて基地に戻るとそこにはなんと!


またしても氷が解けて多くの物資が流されていたのです


倉持と隊員たちは呆然とそれを見つめるしかありません
『南極は生きている』またしても痛感させられるのでした



4話ではさらに予期せぬ事故や事態が発生してしまうようです
過酷な南極を当事の設備で越冬することは本当に大変だったことが
これまでの展開でもひしひしと伝わってきます


でも、こんなものではないようですね、見てるだけで力が入ります


テーマ : 2011年 テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ドラマ南極大陸 3話感想

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。