FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

「米粉パン」で食料自給率アップをめざせ!

日本の小麦の90%以上が輸入に頼っているとか。その輸入小麦の高騰で、パンなどの食品も値上がりしてるから困ったもので。
日本はやっぱり米の国でしょう、(アメリカは米国だけど、パンの国)
そこでお米の粉を使ってパンを作るという取り組みがひろがってるのです。

2008/8/24の西日本新聞によりますと、
現在業務用の小麦粉は1キロ・175円、パン用米粉は同281円(新潟県試算)でかつて、2倍だった価格差が1.6倍に縮み、さらに1.4倍程度になりそうな勢いだとか。
今こそ、米の粉を使ったパンと普及させるのだーっとお米関係者に力が入ってます。

福岡県のJA北九東部(北九州市小倉南区)では、御婦人中心で動く加工グループが週3回、1日約3000個のパンを焼いていいるそうで、この原料は地元栽培の「夢つくし」を使用してるのです。
ここ、北九州市では2005年から米粉普及活動に取り組み、「米粉料理レシピ」発行や料理コンテストなどを行ってきて、九州でも先進的だといわれているとか。
また、同県うきは市では、今年7月から小学校の給食に「米粉パン」を導入。価格はまだ米粉パンが高いものの、子どもらの反応は上々で、こちらは福岡県では初の試み。
給食の米粉パンは、九州では宮崎県が2003年度から導入しており、同県では米粉の使用量が増え、2003年度開始時には1.4トンだったのが、2007年度には24.5トンまでに増えたそうです。
米粉の利用を増やそうと、九州農政局では米粉パンなどを作っている店、82店を紹介する冊子も昨年
作成しており、「米粉を扱う店が増えており、店舗数が約2倍になりそう」とのことで今年10月に改訂版を出すそうです。

農水省調べでは、全国で「米粉パン」を給食に導入した学校数は2003年度は983校だったものが、2006年度には7836校にまで増えているそうで、これはかなりの勢いとみられるのでは。
しかし、米粉の生産量自体はまだ横ばいで、小麦粉の2%程度。関係者によると、生産量自体が伸びるのはこれからだとか。小麦粉の10%にあたる米粉の生産には、原料米をつくる水田が「10万ヘクタールは必要」(新潟県)だそうで、耕作放棄地を水田に戻す作業がなんかがいるようになってくるのです。

田んぼが増えて日本の原風景が復活しないかなー。
温暖化で気候が狂ってきたので、どの国も「日本に出す食い物はねえっ」て言い出したら、どーするのー。やっぱり国内自給率あげとかないとやばいんじゃない。

コメントの投稿

Secre

最新記事
この記事が読まれてます!
カテゴリ
コメントありがとう
エンタメ系ブログ一覧

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 テレビバラエティー
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
まとめニュース

このブログを登録しとく
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
 

  • seo

RSSリンクの表示